外壁塗装は何のため?目的から考える塗り替えサイクル

新築時や前回の塗り替えから数年経つと、住宅の外壁塗装には劣化が見られるようになります。そういうタイミングで外壁塗装の営業マンが訪問してきたり、営業電話がかかってきたりするものです。「いきなり大きな工事が必要だと言われても……」とその瞬間は戸惑ってしまうかもしれませんが、いずれ塗り替える必要があるということは覚えておきましょう。

外壁塗装には計画性が重要です。こちらでは、埼玉県川口市の「塗装のミドリヤ」が外壁塗装を塗り替える目的についてご説明します。

外壁塗装の役目と塗り替えの目的について

外壁塗装の役目と塗り替えの目的について

外壁塗装がない状態(建材がむき出しになっている状態)では、紫外線や風雨などによって建物が直接ダメージを受けてしまいます。これでは素材の劣化が著しく早まってしまい、住宅そのものの寿命も縮めてしまうことに。そうならないように、新築時には外壁塗装を施して建物の劣化や雨漏り水の侵入などを防ぎ、全体のバランスを考えた色で塗装をして見た目の美しさを維持するのです。建材の劣化防止と美観の維持――外壁塗装の役割は、簡単にいうとこの2点です。

一度塗った外壁塗装は、外界から日常的なダメージを受け続けて少しずつ劣化していきます。劣化した外壁塗装は建材の劣化防止にも美観の維持にも貢献しなくなってしまいますので、劣化する前に塗り替える必要があるのです。

POINT1住宅そのものや建材を守る

外壁塗装の塗膜が劣化すると、外壁から雨水や湿気が吸収されます。これによって建物はさらなる傷みが進行し、壁面だけでなく屋根や柱のヒビや鉄部のサビ、木部の腐食などが起こる可能性が高まるでしょう。住宅の根幹を支える部分まで水分が侵入してしまうと、取り返しのつかない劣化につながる恐れも……。外壁塗装の塗り替えは、こういった外壁そのものが持っている建物の保護性能を再びよみがえらせるためのものです。塗り替えが早ければ早いほど、劣化の予防効果も高まります。

POINT2建物の美観を維持する

外壁塗装の塗り替えでもっともわかりやすい効果が、美観の改善です。毎日外部から太陽の光(紫外線)や風雨を受けている外壁は、徐々に色あせ、ホコリなどで汚れ、傷が出てしまいます。当初は均一だった色にもムラが出はじめると、少しみすぼらしい印象を与えてしまいますよね? 外壁を塗り替えれば、新築のような新鮮な美しさが得られます。当初の外壁とは色を変えることもできますので、イメージチェンジも可能です。

さまざまな機能を持つ塗料

さまざまな機能を持つ塗料

近年、材料技術の発達によって、塗料にもさまざまな特殊な機能を持った製品が登場してきています。以下では、その中でも特におすすめできる機能を持つ塗料をご紹介します。

遮熱塗料 セラミック配合塗料 光触媒塗料 ピュアアクリル塗料 特殊セラミック塗料
[製品例]
サーモアイ
クールタイト
[製品例]
カラーセラミック
水性セラミシリコン
[製品例]
ハイドロテクトカラーコート
[製品例]
アステックペイント
[製品例]
ガイナ
優れた断熱・遮熱効果によって、屋外の熱を遮断します。夏場のエアコン電気代などを削減することができます。 セラミックの超微粒粉末を配合した塗料で、外壁の汚れにくさ(低汚染性)を向上させます。 光が当たることで空気清浄効果やセルフクリーニング効果が期待できる塗料です。抗カビ・防藻機能もあります。 遮熱塗料でもあり、長期間にわたり紫外線にさらされても劣化が起こりにくい耐久性の高い塗料です。 ロケット開発の現場で生まれた断熱性が高い塗料です。セラミック独特の落ち着いた仕上がりにもなります。

塗料選びのご相談もお気軽にどうぞ /塗装のミドリヤ フリーダイヤル:0120-979-079

お問い合わせフォーム