気になる外壁の黒ずみ……解決するにはどうすればいい?

新築当初は綺麗で清潔だった外壁も、時間が経つにつれ徐々に汚れが生じてしまうのは避けられません。汚れの中でも特に生じやすく、目立ちやすく厄介なのが「黒ずみ」です。外壁を長期にわたり綺麗で美しい状態に保つためにも、黒ずみ対策は必須と言えるでしょう。今回は、黒ずみの原因と解決方法について紹介します。

 

黒ずみ発生の原因

外壁に黒ずみが生じる原因は、1つだけではありません。原因によって対策は異なるため、まずはどのようにして黒ずみが生じるか、的確に把握しておきましょう。

 

ホコリ・排気ガス

黒ずみの原因として、まず考えられるのがホコリや排気ガスです。ホコリは時間の経過と共にその場に積もってしまうため、定期的にメンテナンスを行い除去する必要があるでしょう。また、外壁が道路に面している場合、車の排気ガスの影響を受ける恐れがあります。放置すると、色素が外壁に吸着することで汚れが落ちにくくなるため、黒ずみが生じたらすぐに対処することを心がけてください。

 

カビ・コケ・藻

カビやコケ、藻も外壁に黒ずみが生じる原因です。花壇に面していたり、公園が近くにあったりする場合、カビなどの胞子が飛んできやすいため、注意しなければなりません。また、カビ・コケ・藻は湿気を好む性質があるので、日の当たりづらい北面や、風通しの悪い箇所で繁殖する危険性が増します。これらは放置していると外壁に根を張ってしまう恐れがあるため、迅速に除去しましょう。

 

雨だれ

外壁の中でも、窓のサッシや換気フードの下付近に発生する黒ずみは、雨だれが原因の可能性があります。外壁に付着していた汚れが雨によって流され、地面に落ちきらなかったものが黒いシミとなるのです。その他の汚れ同様、放置していると黒ずみがより濃くなり、落としにくくなってしまいます。

 

黒ずみを個人で除去する方法

黒ずみは軽度のものであれば、個人でも落とすことが可能です。外壁の清掃をする場合は、主に以下の道具が必要となります。

 

・外壁用洗浄剤

・カビ取り剤

・柔らかいスポンジ

・高所用ブラシ

・歯ブラシ

・ゴム手袋

・ホース

・バケツ

・ゴム手袋

 

道具を揃えたら、まずは外壁全体にホースで水をかけ、汚れをザッと洗い流していきます。その後、水で落ちなかった汚れに対して洗剤、カビ取り剤などを使用。ブラシやスポンジ、歯ブラシなどを用いて丁寧に汚れを落とします。掃除が終わったら、最後は水で念入りに洗い、清掃完了です。

 

注意点としてはブラシやスポンジは柔らかいタイプのものを選択すべきという点。硬い材質のものを使用すると、塗膜を傷つけ外壁を劣化させるリスクがあります。高圧洗浄機を使用する選択肢もありますが、使い方を間違えると外壁を傷つける恐れがあるため、なるべく専門の業者に依頼するようにしましょう。

 

 

完成度の高い清掃を希望なら、業者への依頼がおすすめ

軽度の黒ずみであれば個人が行うメンテナンスでも対応可能ですが、長期間にわたる放置などによって汚れが重度な場合には、通常の清掃だけで解決できないケースもあります。また、高所の汚れに個人で対応しようとすると、転落などのリスクがあるためおすすめできません。こうしたケースの場合には、外壁専門の業者に依頼をして対応してもらうことをおすすめします。

 

外壁のプロに任せれば、どんなに頑固な黒ずみであっても適切な高圧洗浄などによって、的確に処理してもらえます。また、洗浄の際は足場や飛散防止ネットなどが設置されるため、転落などのリスクも考えずに済むでしょう。

 

ただし、悪徳業者に依頼を出した場合、想定していた結果とならない危険性もあります。業者に依頼をする際は、インターネットなどで評判をしっかりチェックしたうえで相談するようにしてください。

 

外壁の清掃を検討中なら、塗装のミドリヤにご連絡ください

外壁の清掃を業者に依頼する際は、塗料の塗り替えをセットで行うケースがほとんどです。そのため、より外壁を美しく完成度の高い状態に仕上げたいなら、外壁専門の優良業者に依頼すると良いでしょう。もし優良業者が見つからずに悩んでいるようなら、埼玉エリアを中心に対応している塗装のミドリヤまでご連絡ください。

 

塗装のミドリヤは1980年の創業以来、数十年以上にわたって外壁の清掃や工事を実施し続けています。施工実績は3000件以上にもなり、豊富な経験と高い技術を備えているのが強みです。相談や具体的な見積もりは無料で対応しているので、お気軽にご相談ください。

 

 

塗料選びのご相談もお気軽にどうぞ /塗装のミドリヤ フリーダイヤル:0120-979-079

お問い合わせフォーム

Pick Upコンテンツ