【暑い夏を乗り切るために】遮熱塗料と断熱塗料の違い

屋根塗装に使う塗料の中でも「遮熱塗料」や「断熱塗料」は人気の種類です。どちらも暑い夏も家の中に熱が侵入するのを防ぐ役割を持っていますが、言葉だけで「遮熱」と「断熱」の違いを想像するのは難しいでしょう。「遮熱塗料」と「断熱塗料」は全く別物であるため、屋根塗装の前には2つの違いを正しく理解し、目的に合った塗料を選択することが大切です。

 

赤外線を反射して屋根の表面温度を下げる遮熱塗料

遮熱塗料は、屋根に降り注ぐ赤外線を反射することで熱を遮るものです。白っぽい色の塗料で赤外線などの波長を反射し、熱エネルギーが家の中に侵入するのを防いでくれます。真夏の屋根の表面温度は60度以上にもなりますが、遮熱塗料で塗装しておけば、それを40度程度に抑えることができ、その結果家の中の室温は1~3度程度下がります。

 

真夏の室温が1~3度下がるくらいでは、快適さが変わらないと思われるかもしれませんが、その分エアコンの温度を控えめに設定できるので、長い目で見れば電気代の節約になるでしょう。遮熱塗料は断熱塗料よりも短時間で塗装でき、予算や目的に合わせて塗料のグレードも選べるので、夏の暑さにお困りでなくても、省エネ対策として使用できます。

 

空気の泡で熱の侵入を防ぐ断熱塗料

断熱塗料は、熱そのものを塗料の層に閉じ込めて熱が室内に侵入するのを防ぐものです。断熱塗料の中には、中空ビーズという細かい球体が含まれており、この球体が熱を吸収することで屋根に熱を留め、外が涼しくなったころに少しずつ熱を放出します。

 

断熱塗料は、外の熱を部屋に侵入させないだけでなく、部屋に溜まった熱も逃がさない魔法瓶のような性質を持っています。そのため、冬場の防寒対策としても利用できることが遮熱塗料との大きな違いです。断熱塗料は遮熱塗料よりも厚みがあるので、どうしても塗装に時間がかかってしまいますが、建物自体をリフォームするよりは気軽に夏の暑さや冬の寒さへの対策を打てることが魅力です。

 

夜間や冬場に塗料の特性が現れる

遮熱塗料も断熱塗料も、日中の室内温度の上昇を抑えるという点では同等の効果を発揮しますが、塗料の効果は夜間や冬場にも発現します。それぞれの特性を理解して、自分の家や住んでいる地域に適した塗料を選びましょう。

 

遮熱塗料は、光を反射することで快適な室内環境を作ることができますが、冬も同様に光を反射するので、必要以上に室内温度を下げてしまう場合があります。夏の暑さよりも冬の寒さが気になるという方は、家の中に熱を閉じ込める断熱塗料を選んだ方がいいかもしれません。

 

一方、断熱塗料には日中溜め込んだ熱を夜間に放出する性質があるため、夏の夜はかえって室温を上げる要因となることがあります。夜まで気温が下がらない日は、寝ている間も控えめにエアコンをつけておくなどして室温調整を行いましょう。

 

遮熱塗料と断熱塗料の比較

遮熱塗料は、断熱塗料よりも短い時間で屋根に遮熱加工を施すことができますが、汚れがつくと反射の性能が落ちてしまうので、定期的なメンテナンスを行いましょう。

 

また、断熱塗料は塗膜が厚く、膨らんだり剥がれたりして美観が損なわれやすいことに注意が必要です。種類が豊富な遮熱塗料と違い、断熱塗料は大半が水性シリコン樹脂なのでグレードの選択の幅が少ないという欠点もあります。

 

遮熱塗料 断熱塗料
メリット ・短時間で塗装できる

・美観を長期間キープできる

・塗料の選択肢が多い

・防寒対策にも使える

・耐用年数が長い

・環境に配慮できる

デメリット ・冬に室温を下げてしまう

・価格が高いものもある

・夏の夜に室温を上げてしまう

・塗料の選択肢が少ない

 

また、遮熱塗料の性能を最大限に発揮するためには白っぽい色の塗料を選ぶことが大切です。黒っぽい色は赤外線などの波長を吸収してしまうので、色によって遮熱効果に違いが出ることを覚えておきましょう。

 

遮熱、断熱塗料選びは塗装のミドリヤにご相談ください

遮熱塗料と断熱塗料にはそれぞれ長所と短所があるので、一概にどちらが優れていると判断することはできません。お住まいの地域の気候や、外見へ影響など、塗料の特徴を多角的に考慮して、使用する塗料を決めましょう。

 

また、最近では遮熱と断熱の両方の性質を併せ持った塗料も登場するなど、塗料の選択の幅はどんどん広がっています。何を選べばいいかわからないというときは、外壁塗装一筋35年の塗装のミドリヤにご相談ください。

塗料選びのご相談もお気軽にどうぞ /塗装のミドリヤ フリーダイヤル:0120-979-079

お問い合わせフォーム

Pick Upコンテンツ