あなたのベランダ・バルコニーに必要なのは塗装?補修?

どんな建物であっても、時間の経過とともにあらゆる部分が劣化し、トラブルが発生してしまうことは避けられません。もちろん、ベランダ・バルコニーもその内のひとつです。トラブルが発生すれば当然何らかの対策が必須となりますが、ベランダ・バルコニーの劣化には、大きく分けて「塗装」と「補修」のどちらかで対応することができます。

 

塗装で対応できるケース

ひび割れ

ベランダ・バルコニーに起きるトラブルとして、よく挙げられるのが「ひび割れ」です。ポリエステル樹脂系のトップコートによく見られる現象ですが、施工時に何らかのミスがあるとひび割れが発生しやすくなるようです。もちろん、経年劣化によって発生するケースも多々あります。こうしたひび割れは危険度も低く、塗装によって対処することが可能です。

 

ただ、無数のひび割れが発生している場合は危険度が上がるため、迅速に対処する必要があるでしょう。費用についても基本的には4~7m範囲で5~10万円程度となりますが、無数のひび割れがあった場合は10~20万円程度まで上がります。

 

塗装の剥がれ

塗料による修繕は「塗装の剥がれ」が起きた際にも有効です。注意しておきたいのが、どの層から剥離が始まっているか、という点です。トップコートが剥がれている程度であれば、自分で修繕することも十分可能であり、業者に依頼しても4~6万円程度の費用で済みます。

 

しかし、シート層や防水層が剥がれてしまっている場合には、7~15万円の費用が発生するでしょう。また、しっかりとした業者を選んでおかなければ、トラブルが再発生する恐れがあります。

 

補修で対応できるケース

水たまり

ベランダ・バルコニーに水たまりが目立つ家は、下地の勾配不足などのトラブルが発生している可能性があります。これは設計や施工など建築上の問題となるため、自力で解決するのが難しいのは間違いありません。水たまりを確認したら、すぐに業者へ連絡して補修してもらうようにしましょう。

 

一般的なベランダ・バルコニーであれば、費用は5~7万円程度かかります。一方で、排水溝が詰まったことで水たまりができるケースの場合、排水溝のゴミをしっかり取り除けば解決するため、業者に連絡する必要はありません。

 

雨漏り

ベランダ・バルコニーが雨漏りをしていた場合、考えられる原因は複数あります。

 

・目地に植物が生えている

・排水溝にひびが入っている

・コンクリート部分がひび割れを起こしている

 

上記のような原因から雨漏りをしている可能性があるため、業者に依頼をして防水塗装(水による劣化を防ぐ塗装)などの補修を行ってもらう必要があります。一般的なベランダ・バルコニーであれば、10~20万円程度の費用がかかるでしょう。

 

ベランダ・バルコニーの劣化を放置する危険性

業者にベランダ・バルコニーの修繕を依頼すれば、安くない費用が発生します。しかし、だからといっていつまでもベランダ・バルコニーの劣化を放置しておくのは危険です。ベランダ・バルコニーは風雨の影響を受けやすく、劣化の進みが早いのが特徴だからです。

 

劣化が進んでしまうと、塗装や補修では補いきれず、完全なリフォームが必要になってしまう可能性があります。当然発生する費用は塗装や補修とは比較にならないほど高額になるため、早いうちに対策をするようにしてください。

 

業者選びのポイント

ベランダ・バルコニーのメンテナンスは、丁寧な塗装が必須といえます。塗装にバラつきがあったり、塗装漏れがあったりすると、すぐにひび割れや雨漏りなどが再発生してしまうからです。そのため、業者を選ぶ際は費用よりも、信頼できて優良な業者を選ぶようにしてください。結果的にその場での費用は高額となっても、優良業者に依頼をした方が、施工後もトラブルが長期間にわたって発生せず、お得となる可能性は高いといえます。

 

ベランダ・バルコニーにトラブルが発生したら、塗装のミドリヤにご連絡ください

住んでいる家のベランダ・バルコニーにひび割れや雨漏りといったトラブルが発生したら、塗装のミドリヤまでご連絡ください。創業から35年、施工実績は約3,000件と確かな実績を持ち、ベランダ・バルコニーの修繕や塗り替えにおいても高品質な施工を実施いたします。ベランダ・バルコニーのトラブルで困ったときには、ぜひ一度ご相談ください。

塗料選びのご相談もお気軽にどうぞ /塗装のミドリヤ フリーダイヤル:0120-979-079

お問い合わせフォーム

Pick Upコンテンツ