10月、11月は外壁塗装に最適なタイミング?

外壁塗装は基本的に1年間いつでも可能ですが、気候や湿度などの影響を考えると、最適とされる時期は存在します。最適な時期に外壁塗装をすれば、それだけ作業がスムーズに進み、逆に適さない時期だと作業が長引いてしまう恐れがあるため、可能であれば塗装のタイミングはしっかり選びたいところでしょう。では、外壁塗装に最適な季節はいったいいつなのでしょうか。

 

外壁塗装に向いているのはいつ?

外壁塗装を考えたとき、どの季節が良いのか悩む人も多いでしょう。基本的に外壁塗装は、以下の条件に該当しなければいつでも可能です。

 

・外部気温が5℃以下

・外部湿度が85%以上

 

上記の条件に該当するにも関わらず、外部塗装をした場合、塗ったばかりの塗装が剥がれてしまったり、塗装の耐久期間が短くなってしまったりといった影響が出てくるため、注意してください。

 

外壁塗装をする際は季節ごとでメリット・デメリットが存在することを、しっかり把握しておく必要があります。以下の表でそれぞれの季節にどのような特徴があるか、確認してみましょう。

 

メリット デメリット
・湿度が低く塗料がよく乾く

・作業中窓を閉めていても問題ない

・多くの人が依頼するため希望の時期に塗装が行えない可能性がある
梅雨 ・気温が高いため、塗料がよく乾く ・雨で作業が遅れる

・湿度が高いと塗装が剥がれる

・塗料が伸びやすく作業がしやすい

・気温が高いため、塗料がよく乾く

・業者の予定が調整しやすい

・日中は高温のため屋根の作業ができない場合がある

・窓が開けられないため、作業中は冷房が必須

・台風で作業が延期になる可能性

・湿度が低く塗料がよく乾く

・作業中窓を閉めていても問題ない

・多くの人が依頼するため希望の時期に塗装が行えない可能性がある

・台風で作業が延期になる可能性

・雨が少ないため作業が進めやすい

・作業中窓を閉めていても問題ない

・業者の予定が調整しやすい(1~2月)

・気温5℃以下の場合は作業ができない

・気温が低いと中々塗料が乾かない

 

表を見て分かるように、デメリットの多い冬や梅雨に外壁塗装をするのは、極力避けた方が無難です。逆に平均気温が10~20℃前半とちょうど良い気候であり、湿度も低い春(3~5月)や秋(9~10月)は外部塗装に最適な時期といえます。

 

9月の外壁塗装が最適と言い切れない理由

多くの人が外壁塗装に最適と考えているのが9~10月です。気温や湿度が安定しており、塗装の作業がしやすいのは間違いありません。ただ、9月に関してはおすすめできない理由もいくつか存在します。まずは「台風」です。ここ5年のデータを見てみても、9月に台風が発生しなかったのは2014年のみであり、それ以外の年は必ず台風が日本に上陸している点は見逃せません。

 

台風が上陸すれば当然外部塗装の作業が中断されるだけでなく、場合によっては1からやり直しとなってしまうケースもあります。また、たとえ台風が上陸しなかったとしても、9月は「秋雨」が多く降る季節です。雨によって作業の中断が多くなれば、当初の予定より工期が長引いてしまう可能性があります。こうした理由から、9月は必ずしも外壁塗装におすすめの時期とはいえないのです。

 

11月でも外壁塗装は十分可能

今回、外壁塗装に最適な時期として、10月と並んでおすすめしたいのが11月です。首都圏など降雪地帯でない地域ならば、11月はそこまで気温が低下する時期ではないため、塗料が乾かないなどといった心配をする必要はありません。それでいて、9月に比べると降雨量は少なく、台風の可能性も非常に低いのが特徴です。

 

また、11月であれば、秋ほど業者が繁忙期ではないため、依頼がしやすいという点も見逃せないでしょう。湿度の管理がしっかりできる体制が整っているのであれば、ぜひ11月の外壁塗装を考慮してみてください。

 

10、11月に外壁塗装をしたいお考えなら、塗装のミドリヤにご連絡ください

10、11月に外壁塗装をしたいと考えているのであれば、ぜひ埼玉県川口市にある塗装のミドリヤまでご相談ください。創業から35年、施工実績は約3,000件と非常に豊富であり、作業は塗装の資格を保有したプロたちがしっかり担当するため、心配は一切ありません。「工事業績が一定以上で不正がない業者」と県から認定されるなど、確かな信頼性を誇る私たちが、まずはしっかりと家を調査・診断したうえで、誠実な塗装プランを提案いたします。

塗料選びのご相談もお気軽にどうぞ /塗装のミドリヤ フリーダイヤル:0120-979-079

お問い合わせフォーム

Pick Upコンテンツ