外壁塗装は4回塗りが安心?塗る回数による違いとは?

外壁塗装は「下塗り」「中塗り」「上塗り」で行うのが一般的です。しかし、業者によっては「うちは“4回塗り”をするから安心です」とアピールする場合もあります。なんとなくよさそうに思えるこの4回塗りですが、果たして本当に必要なのでしょうか。また、塗る回数によって外壁にはどんな違いが生じるのでしょうか。今回は、外壁塗装の4回塗りの実情について詳しくご紹介します。

 

外壁塗装ではバリアとなる「塗膜」を作る

外壁塗装では、塗料を重ねて塗ることで外壁に薄い膜(塗膜)を作ります。この塗膜が、紫外線や雨風、ホコリなどから外壁を守るバリアとなり、寿命を延ばしてくれるのです。

 

塗膜を作るためには、「下塗り」「中塗り」「上塗り」という3回の塗装が基本です。しかし業者によっては、塗る回数を増やした「4回塗り」を提案してくるところもあります。4回塗りと聞くと「塗膜がさらに丈夫になりそう」と魅力を感じる方が多いのですが、実はそう単純な話ではありません。

 

費用が高くつく可能性大

通常は3回塗りのところを4回塗りで施工するというのは、工程がひとつ増えるということです。つまり、その分手間がかかり、塗料も余分に必要になるため、通常よりも費用が高くつく可能性が高いでしょう。また、当然ながら工期も通常より長くなります。

 

特別な理由がある場合を除けば、外壁塗装は3回塗りがベストと言えます。塗料メーカーが研究を重ね、最も効率よく塗料の効果が発揮されるのが3回塗りだとすでに証明されているのです。そのため、たいていの場合は、わざわざ数十万円の費用を追加してまで4回塗りをする必要はありません。

 

ただし、追加料金を支払ってでも4回塗りをした方がよいケースも存在します。例えば外壁の状態が悪く、塗装の際に塗料を吸収してしまう場合などには、塗る回数を増やして塗膜を厚くする必要があるでしょう。

 

塗料を薄めた4回塗りは逆効果

中には、「3回塗りと同じ料金で4回塗りします!」とアピールする業者もいます。一見お得なようですが、実はこれも落とし穴です。塗料は量によって、塗ることができる面積があらかじめ決まっています。そのため、そういった業者の多くは、3回塗りで使う量の塗料を薄めることで無理やり4回塗りを行います。

 

薄めた塗料で4回塗りすると、塗膜が通常よりも薄くなるためすぐに剥がれます。外壁をしっかり守るために4回塗りを選択したはずが、通常以上に剥がれやすい塗装になってしまうのです。

 

信頼できる業者をお探しなら、歴史と実績のある塗装のミドリヤにご相談を

外壁が傷んでいるなど、4回塗りが適している場合も確かに存在するため、4回塗りが一概に悪いとは言えません。しかし、一般の方が自分で判断するのは困難なうえ、運悪く悪徳業者に捕まってしまえば、薄めた塗料で施工されるなどの被害に遭う可能もあります。そのため、業者選びの際は「4回塗りの方が安心」「安く4回塗りができますよ」といったセールスに惑わされることなく、信頼できる業者を見極めることが何より大切です。

 

信頼できる外壁塗装業者をお探しなら、ぜひ塗装のミドリヤまでご相談ください。創業から35年、施工実績は約3,000件と確かな実績をもつ私たちなら、お客様のご自宅の外壁に最適な施工を見極め、適正価格での塗装を行います。まずはお気軽にご相談ください。

塗料選びのご相談もお気軽にどうぞ /塗装のミドリヤ フリーダイヤル:0120-979-079

お問い合わせフォーム

Pick Upコンテンツ