高くなりがちな“2回目”の塗装……安くする方法はないの?

外壁塗装は一度完了したらそれで終わりというわけではなく、その後も外壁が劣化するタイミングで何度も行っていきます。また、2回目の塗装は1回目の塗装に比べ、費用が高くなるのも特徴です。では、その理由はいったい何なのでしょうか。

 

どうして「2回目の塗装」は高くなる?

2回目の外壁塗装の費用が1回目に比べ高くなるもっとも大きな理由が、「建物の劣化」です。基本的に外壁塗装は、1回目から2回目までの間隔は10年とされています。つまり、建物は10年の時間が経った分だけ古くなり、あちこちに劣化が目立つ状態となっているのです。外壁塗装をする際、劣化によるひび割れなどが見つかった場合は、まずその部分を修復する必要があります。

 

修復費用は作業範囲によって変わるため一概にいくらかかるとは言えませんが、一般的に、外壁のひび割れを修理する費用は足場なしの場合1~5万円、足場ありの場合1~50万円の費用が発生します。また、家が古くなればなるほど外壁の汚れは増えていくため、外壁塗装の前にはこうした汚れを高圧洗浄によって落としていかなければいけません。高圧洗浄の費用は、だいたい2~3万円とされています。

 

劣化した家ではこうした費用が発生しやすくなるため、1回目に比べて2回目の外壁塗装のほうが高額な費用となるのです。このほか、鉄部のサビや外壁の雨漏りが発生している場合にも別途費用が発生します。

 

2回目の外壁塗装ではなく“トータルコスト”を安くしよう

外壁塗装はたとえ2回目であったとしても、安くしようと思えば簡単に安くすることができます。基本的に、外壁塗装の費用は工程・材料・人件費などの価格を合算しているのがポイントです。そのため、「工程・材料・人件費」いずれかの質を落とせば、数十万単位で費用を安くすることができるでしょう。

 

しかし「工程・材料・人件費」はすべて、良質な外壁塗装を施すうえで欠かせない要素であることは、覚えておかなければいけません。また、「安さ」を重視するあまり低品質な外壁塗装をしてしまうと、劣化が速まる危険性があります。結果として、塗り替えの頻度が高まることで損をしてしまうことになるのです。

 

つまり、2回目の外壁塗装を安く済ませて結局損をしてしまうよりは、2回目以降の塗装をなるべく優良な業者に依頼して、将来的に発生しそうなトータルコストを少しでも減らすことが大切。優良業者の手で丁寧な塗装を施せば、外壁が長持ちするため塗り替えの頻度が減少します。結果として、費用を安く済ませることができるでしょう。

 

2回目の外壁塗装を業者に依頼する際のポイント

外壁塗装をトータルで安くするため、どの業者に依頼するかは非常に重要です。そもそも、1回目の段階から業者選びには注意を払っておく必要があります。2回目の外壁塗装を依頼する業者には、勝手を知っているということもあり1回目に依頼した業者へ再依頼するという方が多いかもしれません。

 

しかし、もしも1回目の外壁塗装から10年経たないうちに劣化が目立ってきた場合には、工事に何らかの不手際があった可能性があります。場合によっては悪徳業者であることも考えられるため、再依頼は控え、ほかの優良業者を探していったほうが良いでしょう。

 

外壁塗装工事では、「手抜きがされやすい」「費用が不鮮明」という問題が発生しやすいのも事実です。また、各塗装業者で費用が異なるという特徴もあります。何かと理由をつけて高額な費用を請求してくる業者は悪徳業者である可能性が高いですが、一方であまりに安い金額で工事を請け負おうとしてくる業者にも警戒心を持たなければいけません。

 

「安い金額でOK」という業者を選ぶと、それだけ手抜きをされるリスクが高まります。前述したように、手抜き工事をされた外壁は劣化しやすく、結果的に高額な費用が必要になってしまうケースも多いため、安さに釣られないようにしてください。

 

10年先まで安心の外壁塗装を求めているなら、塗装のミドリヤにご連絡ください

10年先まで安心できるような外壁塗装業者を見つけることは、結果としてコスト削減につながります。しかし、優良業者を見つけるのはなかなか簡単なことではありません。もしもどこが優良業者なのか分からないと不安を感じているようなら、ぜひ塗装のミドリヤまでご相談ください。私たちは昭和55年に創業して以来35年、施工実績は約3,000件と確かな実績を持ち、お客様からも高い満足度を頂戴しています。お見積もりは無料でお出しいたしますので、業者選びにお悩みのようならまずは一度ご連絡ください。

塗料選びのご相談もお気軽にどうぞ /塗装のミドリヤ フリーダイヤル:0120-979-079

お問い合わせフォーム

Pick Upコンテンツ