絶対ダメ! 外壁塗装で工期を短くすることの危険性

外壁塗装を業者に依頼する際、多くの方は工期を気にするでしょう。工事中は職人が家を出入りするため、洗濯物を外に干すのが難しくなることも珍しくありません。そのため、できる限り早く終わらせてほしいと考える方が多いものです。しかし、だからといって業者に工期を短くするようお願いすることはやめましょう。なぜなら、工期が短くなればなるほどトラブルが発生する危険性も高まるからです。

 

一般的な外壁塗装の工期とは?

工期を把握するうえでは、まず外壁塗装の工程を正しく理解することが大切です。それぞれのご自宅の大きさや使われている素材の違いによって異なる場合もありますが、基本的に以下の工程が発生します。

 

・足場組み立て

・高圧洗浄

・下地調整

・外壁塗装

・足場解体

 

これらの工程をすべて完了させるには、少なくとも2週間程度の期間が必要です。特に高圧洗浄後や塗料を塗った後は乾燥させる時間が必須になるので、大幅な工期短縮は不可能と言えるでしょう。

 

もちろん、天候に恵まれた場合には工期が短くなり、10日程度で完了となるケースもあります。その一方で悪天候が続いてしまうと、工期が2週間以上になってしまう可能性は否定できません。そのため、少しでも工期を短くしたい場合には、天候が安定している春や秋に依頼するのが無難だと言えます。雨の多い梅雨や台風の多い夏、塗料の乾きが悪い冬はなるべく避けることをおすすめします。

 

外壁塗装工事の工期を短くする方法はある?

何らかの事情があり、どうしても外壁塗装工事の期間を2週間より短くしたい場合、まずは依頼する業者に相談することが大切です。業者によっては、職人の数を増やすなど臨機応変な対応をしてくれるケースもあります。とはいえ、職人の数が増えればそれだけ人件費もかさむので、費用が高額になること避けられません。また、業者側にも都合があるので、タイミング次第では工期短縮には応じてもらえない場合もあるでしょう。

 

注意点として、職人を増やすなどの対策をとらないまま、気軽に工期短縮に応じる業者は悪徳業者である恐れがあります。もしも「工期短縮が可能」と業者から言われたら、具体的にどのような手段を講じるのかを必ず確認するようにしてください。

 

工期を短くすることの危険性

外壁塗装の工事中は「窓を開けられない」「洗濯物を外に干せない」など、日常生活に支障をきたす場面もあり、早く終わってほしいと思うものです。しかし、工期を短くすれば、それだけ危険性が増すことは間違いありません。

 

冒頭でご紹介したように、外壁塗装にはいくつかの工程が発生し、完璧な工事を行うにはいずれも欠かせない要素です。しかし、工期短縮を依頼したのが悪徳業者だった場合、この工程のいずれかを削る、もしくは手抜きをすることによって、工期短縮を実現する危険性があります。

 

たとえば、「足場を適当に組む」「養生をしっかりしない」「外壁洗浄を行わない」などの手抜き工事をすれば、確かに工期は短縮できるでしょう。しかし、外壁塗装を手抜きした場合、数年後には大切な自宅が以下のような事態に陥っているかもしれません。

 

・塗膜にヒビ割れや浮きが発生

・塗膜の剥がれ・劣化

・塗膜への汚れ付着

・外壁の光沢低下

 

こうした症状が現れた際、抗議をしても「工期を短くしてほしいとお願いしたのはそちらだから」と、責任を依頼者側に転嫁してくる業者も存在します。だからこそ、よほどの事情がない限り、工期短縮を依頼するのはおすすめしません。もしもよほどの事情があるようなら、優良業者を見つけたうえで、工期短縮に向けてどんな対応を行うのかをしっかり話し合うようにしてください。

 

できるだけ工期を短くしたいと考えているなら、塗装のミドリヤにご連絡ください

外壁塗装工事はすべての工程が重要であり、どうしても10日から2週間程度の工事期間が発生します。過度な工期短縮は塗装の品質にもかかわってくるため、決しておすすめできません。それでもできるだけ工期を短くしたいとお考えなら、塗装のミドリヤまでご相談ください。

 

塗装のミドリヤは、埼玉県川口市で創業してから30年以上の実績を積み重ね、高い信頼を獲得してきました。会社には専門の資格や免許を取得している職人が数多く在籍しており、完成度の高い工事をスピーディーに進めていけます。ご相談には無料で対応しているので、もしも工期短縮をご希望の場合にはお気軽にご連絡ください。できる限りの対応策をご提案し、お客様のご希望を少しでもかなえられるよう尽力していきます。

塗料選びのご相談もお気軽にどうぞ /塗装のミドリヤ フリーダイヤル:0120-979-079

お問い合わせフォーム

Pick Upコンテンツ