料金が安いだけの業者に外壁塗装を頼んではいけない理由

外壁塗装の業者を選ぶとき、多くの方が「費用」を優先するのではないでしょうか。外壁塗装は決して安くはない費用が発生するため、少しでも経済的負担を抑えたいと考えるのは当然かもしれません。しかし、「料金が安い」というだけで外壁塗装を依頼すると、結果として損してしまう恐れがあります。

 

外壁塗装の料金は業者によって違う?

外壁塗装の基本的な相場は、平均的な一軒家(30坪)の塗装で80~120万円程度とされています。ただし、外壁塗装の料金設定については、法的な決まりがあるわけではありません。依頼する業者や使用する塗料によって工事の料金は変化するので、業者と契約を結ぶ際には確認を徹底しておきましょう。

 

中には、30~40万円の料金で工事を請け負う業者も存在します。「少しでも料金を安くしたい」という方は、この料金設定に飛びついてしまうかもしれません。しかし、料金が安いのには理由があるのです。

 

料金が安い業者が危険な理由

前述したように、外壁塗装は平均して100万円前後の料金が発生します。この料金の中には、使用する塗料や職人の人件費も含まれているため、業者側からしても最低限必要となる金額です。この料金を大幅に値下げして提案してくる業者は悪徳業者の恐れもあり、工事で以下のような手抜きを行うケースがあります。

 

薄めた塗料を使用

安い料金で外壁塗装を実現させるため、塗料を薄めるのは悪徳業者にとって基本行為です。塗料は必要分を外壁に塗布しなければ耐久性が低くなり、すぐにひび割れなどが発生してしまうでしょう。

 

人件費カット

高い技術を持つベテランのスタッフは、高額な人件費が発生します。そのため、安い料金で工事を請け負った業者は、ベテランスタッフを使わず経験の浅いスタッフで工事を進めがちです。経験の浅いスタッフの作業では、塗りにあらが出るリスクが高く、完成度の低い外壁塗装となることが懸念されます。

 

工期の短縮

外壁塗装は工期が長い分、人件費や移動代などの費用がかさみがちです。そのため、業者は安い料金で損失を出さないため、工期を短縮する傾向にあります。「3度塗りが基本のところを2度塗りにする」「乾燥が不十分なまま中塗り・上塗りを実行する」などの手抜き工事をされると、外壁はすぐに劣化してしまうので要注意です。

 

足場の削減

塗装業者の命綱でもある足場は、通常だと1日かけてしっかり設置します。しかし、悪徳業者の中には少しでも料金を抑えるため、この足場を簡略化して足場代をカットする行為が見られます。足場が不安定になれば、事故が発生するリスクも高まるため、工事の確実性が低下。結果、さまざまな支障が出ることも想定されます。

 

下請け業者に発注

安い料金を提示してくる業者の中には、さらに安価な料金で下請けに発注するところもあります。下請けされた業者は非常に安い金額で工事を実施しなければならず、ここまで紹介してきた手抜き工事に手を染めることも考えられます。

 

塗装業者を選ぶコツとは?

塗装業界は特に資格などが必要ないため、悪徳業者が多く存在します。悪徳業者を避けるためには、事前に業者の評判をネットなどでチェックするのが大切です。また、見積もりについては、必ず複数業者に相見積もりを依頼してください。出してもらった見積もりを見比べて、明らかに料金がおかしい業者は避けるようにしましょう。

 

塗装業者には、大きく分けて大手ハウスメーカーと地域密着業者の2タイプがあります。どちらにもメリット・デメリットはありますが、どちらかというと地域密着業者がおすすめです。その地域の気候などを知り尽くしており、最適な塗料をチョイスしてくれるので、完成度の高い塗装を実現してくれるでしょう。料金についても、地域密着業者なら中間マージンが発生しないため、大手ハウスメーカーより安価での依頼が可能です。

 

地域密着型の優良業者をお探しなら、塗装のミドリヤにご連絡ください

塗装業者は地域密着型がおすすめと紹介しましたが、地域密着型の業者は情報が乏しく、優良業者かどうかを見極めるのに苦労します。もしも埼玉東南部・東京・千葉で地域密着型の優良業者をお探しなら、塗装のミドリヤまでご相談ください。

 

塗装のミドリヤは、埼玉県川口市で創業してから30年以上の実績を積み重ね、お客様から高い信頼を獲得しています。会社には専門の資格や免許を取得している職人が数多く在籍しており、手抜き工事は一切いたしません。ご相談には無料で対応しているので、いつでもご連絡ください。

塗料選びのご相談もお気軽にどうぞ /塗装のミドリヤ フリーダイヤル:0120-979-079

お問い合わせフォーム

Pick Upコンテンツ