足場がいらない外壁塗装!「ブランコ塗装」って何?

外壁塗装において、「ブランコ塗装(無足場工法)」という方法があるとご存知でしょうか。通常の施工が難しい外壁などに対応できる工事方法であり、塗装を諦めていた箇所もブランコ塗装によって修繕可能です。ただし、ブランコ塗装は施工の際のリスクが足場を組む場合に比べて高いため、依頼の前に特徴を把握しておくべきでしょう。

 

ブランコ塗装とは?

通常の外壁塗装では、まず足場を組み、作業をするうえでの土台を確保した状態で外壁への塗装を開始します。一方で、「無足場工法」とも呼ばれるブランコ塗装は足場を一切設けず、建物の屋根から垂らしたロープに職人がぶら下がることで、外壁の塗装を実施する工事方法です。

 

基本的に、足場を組まない施工は窓清掃で多く用いられており、そのイメージが強い方も多いでしょう。しかし、業者によっては外壁塗装・屋根塗装・補修工事などに、無足場工法を採用しているケースがあります。

 

外壁塗装の実施を検討していても、建物の構造・立地条件によっては「足場の設置が困難」「足場を組む際に発生する騒音」「防犯面の配慮」などの理由により、足場を組めないケースが出てくるでしょう。建物の事情から足場を組めない場合は、ブランコ塗装がおすすめです。

 

ブランコ塗装のメリット・デメリット

ブランコ塗装には、足場を必要としない工法ならではのメリット・デメリットがあります。ブランコ塗装の依頼を検討するうえでも、特徴を明確に理解しておきましょう。

 

ブランコ塗装のメリット1:狭小地でも作業可能

ブランコ塗装の大きなメリットとして、通常の塗装では対応できない狭小地であっても、作業が可能という点が挙げられます。たとえば、建物と建物の隙間が非常に狭小な場合、物理的に足場を組むことは難しいでしょう。しかし、ブランコ塗装は人1人が通れるスペースさえ確保できれば、施工が可能です。

 

ブランコ塗装のメリット2:仮設工事費用が発生しない

ブランコ塗装は足場を組む必要がないため、仮設工事費用が発生しません。通常の外壁塗装工事の場合、塗装面積が少なかったとしても足場が必要となるため、その分の費用はどうしても発生してしまいます。ブランコ塗装であれば、出費を必要最低限に抑えられるため、コスパを意識するならおすすめと言えるでしょう。また、足場の組み立て・解体の作業が発生しないこともあり、工事期間を短縮できるのもブランコ塗装の強みとなります。

 

ブランコ塗装のメリット3:防犯面で安心

足場を組んだ塗装の場合、業者がいる時間は問題ありませんが、夜間などは不審者が足場を使って建物内に侵入するリスクがあり、いつも以上に防犯に注意しなければなりません。足場を必要としないブランコ塗装であれば、防犯面でより安心できるでしょう。また、足場やメッシュシートがないため、見通しが良くなるのもポイントです。

 

ブランコ塗装のデメリット1:請け負える業者が少ない

ブランコ塗装は、ロープ1本で身体を支える環境下での塗装となるため、業者に高い技術が求められるのは間違いありません。そのため、ブランコ塗装を請け負える業者は非常に限られます。また、たとえ対応が可能であっても、技術的に未熟な業者に依頼をしてしまうと、仕上がりにムラが発生するなど完成度の低い塗装になるでしょう。

 

ブランコ塗装のデメリット2:事故が発生するリスクがある

しっかり固定された足場を利用する一般的な塗装と違い、ブランコ塗装は命綱1本での作業となります。そのため、危険と隣り合わせの状況は避けられません。万が一事故が発生すれば、工事が延期になるなど大きな影響が出てしまうでしょう。こうした安全性の問題から、たとえ高い技術を持っている業者であっても、ブランコ塗装に対応していない場合があります。

 

ブランコ塗装を検討中なら、塗装のミドリヤにご連絡ください

ブランコ塗装は、通常の工法だと難しい狭小地などの塗装に適しています。一方で、安定性を欠くロープ1本での塗装は危険も多く、仕上がりにムラが生じる恐れもあるため、「料金が安いから」というだけでブランコ塗装を選ぶのはおすすめしません。もしもブランコ塗装の検討をしているなら、塗装のミドリヤまでご相談ください。

 

35年以上の歴史と、3000件を超える施工実績を持つ塗装のミドリヤでは、塗装の相談に無料で対応しています。「自分の家の外壁は、ブランコ塗装が適したタイプか」などの疑問に対して真摯にお答えいたしますので、まずはお気軽にご連絡ください。

塗料選びのご相談もお気軽にどうぞ /塗装のミドリヤ フリーダイヤル:0120-979-079

お問い合わせフォーム

Pick Upコンテンツ