雨漏りが心配!集中豪雨に向けた対策とは?

近年、西日本を中心に線状降水帯が頻発しており、その影響で集中豪雨の被害が続いています。記憶に新しいところでは2020年7月に熊本県を中心に発生し、多くの被害をもたらした「令和2年7月豪雨」が挙げられます。こうした集中豪雨が発生した際、「家の雨漏りは大丈夫だろうか」と不安を覚える方もいるでしょう。近年はまとまった雨が降る傾向にあるので、雨漏り対策のメンテナンスが必須です。今回は、いつ発生するか分からない集中豪雨に向けた対策を紹介します。

 

集中豪雨が雨漏りを引き起こす原因

通常の雨であれば耐えられたとしても、100mm以上の雨が数時間にわたって続く集中豪雨に見舞われると、建物に雨漏りが生じる恐れがあります。原因として考えられるのが、外壁の継ぎ目に使用されるゴム材「シーリング」の劣化です。経年劣化などによりシーリングが亀裂・剥離していると、その部分に豪雨が降りつけることで内部に水が染みこみ雨漏りの原因となります。

 

そのほか、外壁自体が劣化によりひび割れしていたり、ドレンが詰まったりしている場合にも雨漏り発生のリスクは高まります。こうした小さなトラブルを放置して状態が悪化すると、集中豪雨ではなく通常の雨であっても雨漏りにつながる恐れがあるのです。雨漏りが発生してからあたふたしないためにも、対策を立てておきましょう。

 

雨漏りを放置することで生じる2次被害

雨漏りはただ家に水滴が落ちてくるだけでなく、放置することで多くの2次被害につながるリスクが高まります。具体的には以下のような2次被害が考えられるため、危険性をしっかり把握し、事前に対策を講じましょう。

 

木材の腐食

雨漏りによって家の木材に水分が染みこむと、「腐朽菌」が発生する恐れがあります。腐朽菌は木材を腐らせる性質を持つ菌であり、放置することで驚くべき速さで木材の腐食が進行します。腐食した木材は耐久性が著しく低下するため、家の強度が下がるだけでなく、地震や台風が発生した際、天井が落下するなど最悪のケースも想定しなければなりません。

 

シロアリの発生

雨漏りによって家の木材が水分を吸収し柔らかくなると、シロアリ被害が生じやすくなります。柔らかい木材を好物とするシロアリが丈夫な柱や梁の中身を食い尽くしてスカスカになると、家全体の強度低下は避けられません。

 

漏電による火災

雨漏りが原因で電気のブレーカーやコードがぬれた場合、注意すべきが「漏電」です。漏電が生じると電化製品の故障につながるだけでなく、ショートによる火花から火災が発生する恐れもあります。雨漏りが原因で火災発生という最悪の2次被害が起きることがあることを念頭に置いておきましょう。

 

集中豪雨による雨漏りから家を守る対策

集中豪雨は気象情報で進路予測が確認できる台風と異なり、突発的に発生するケースが少なくありません。そのため、集中豪雨が来ることが分かってから対策しようとしても、「時すでに遅し」だと言えるでしょう。豪雨が発生した際、手遅れにならないようにするためにも、日頃からこまめに家の状態をチェックし、劣化が確認できた箇所は修繕に努めることが重要です。家の中でも特にチェックしておきたいのは、以下の箇所になります。

 

屋根

瓦やスレートに割れ、ひび、ずれ、はがれなどが生じていると、雨が家の内部に入り込み、屋根材を劣化させます。日常的にチェックを行い、異常を発見したら修理のため業者に依頼をしましょう。

 

雨どい

雨どいは雨水を排水する役割を持っており、豪雨対策としても重要な箇所です。継ぎ手のずれ、はずれ、腐食が生じていないかを確認するとともに、外壁や屋根に固定されているかもチェックしてください。また、雨どいにゴミがたまっていると排水に支障をきたすため、ゴミを取り除いたうえで防護ネットなどを設置するようにしましょう。

 

外壁

屋根同様、外壁もひび割れや隙間が発生していると、雨水が染みこむことで腐食などの原因になり得ます。対策としては、塗料の劣化が深刻化する前に塗り替えを実施するなど、定期的なメンテナンスが求められます。

 

集中豪雨対策を考えているなら、塗装のミドリヤにご連絡ください

突如発生するケースが多い集中豪雨から家を守るためには、定期的に業者にメンテナンスを依頼する必要があります。ただし、悪徳業者に依頼するときちんと原因箇所の修理が行われない危険性があるため、しっかりと評判を確認したうえで優良業者に依頼をしましょう。もしも埼玉東南部エリアで優良な塗装業者を探しているなら、塗装のミドリヤまでご相談ください。

 

創業から35年以上という長い歴史と豊富な実績を持つ塗装のミドリヤでは、屋根・外壁のチェックや修復を的確に実施。家全体の防水性を高めることができます。相談や見積もりの提出は無料で対応しているため、まずはお気軽にご連絡ください。

塗料選びのご相談もお気軽にどうぞ /塗装のミドリヤ フリーダイヤル:0120-979-079

お問い合わせフォーム

Pick Upコンテンツ