適正費用で外壁塗装を行うため中間マージンについて知ろう

外壁塗装を業者に依頼する際、注意しておきたいのが「中間マージン」の存在です。外壁塗装の費用が高くなることには、この中間マージンが大きく関わっています。業者とトラブルを発生させないためにも、中間マージンがいったいどのようなものであるのかについて知っておきましょう。

 

高額費用が発生する要因となる中間マージン

中間マージンとは、元請け業者会社が下請け会社に作業を発注した際、発生する仲介料です。塗装工事業界では、お客さまと契約をする元請け会社と、実際に塗装工事をする下請け会社で分かれているケースが多々見られます。

 

しかも、下請けは一社にとどまらず、複数となるケースもあるのが特徴です。もちろん、中間マージンはそれに従い高額になっていきます。業者によっては適正費用より30%近く高い費用を請求することもあるのです。この中間マージンの存在を知っていないと、工事の質が高くなるわけではないのに、高額な費用を支払うことになってしまうので、注意しましょう。

 

中間マージンはトラブルの原因にも

中間マージンはただ費用が高額になるだけでなく、さまざまなトラブルの原因となる恐れもあります。実際に発生してから慌ててしまわないためにも、発生する可能性のあるおもなトラブルについて見ていきましょう。

 

費用不足に陥り、適切な工事ができなくなる

複数の下請け会社が存在し、中間マージンが発生するような形態だと、関わった会社すべてに利益が発生するようにしなければなりません。しかし、だからと言ってあまり費用が高額になると、顧客の確保は難しくなってしまいます。ある程度妥協した費用での受注となるのは、避けられません。

 

すると結果として、もっとも利益を得るのは元請け会社となり、下請け会社までは十分な費用が行き渡らないという事態が発生してしまいます。下請け会社はそのわずか費用で、塗装工事のための人員確保や工具準備をしていかなければならないため、適切な準備は難しくなってしまうのです。

 

十分な準備が行えないと、当然ながら適切な作業は実現しません。依頼主からすると、高額な費用を支払ったにもかかわらず、十分な成果を得られない結果となってしまいます。

 

手抜き工事が発生しやすくなる

中間マージンによって費用がどんどん抜かれていき、下請け会社が十分な費用を得られないと、追いつめられた業者の中には手抜き工事や不正などを行うところが出てくる恐れがあります。

 

「塗料を少しでも節約するために薄めて使う」「外壁塗装の基本である3回塗りを2回塗りに減らす」「指定されていた塗料をグレードの低いものに勝手に変更する」などの手抜き工事が行われると、非常に完成度の低い塗装となってしまいます。その結果、工事をしたばかりだというのに、すぐに再工事が必要となる可能性もあるのです。

 

責任の所在がはっきりしない

中間マージンが発生するような、複数の会社が絡んだ契約となると、前述したようなトラブルが発生する恐れがあります。しかし、複数の会社が絡んでいると、責任の所在がはっきりしなくなるケースが考えられます。

 

元請け会社も下請け会社もお互い責任をなすりつけ合い、トラブルが泥沼化する可能性はゼロではありません。スムーズな工事進行が期待できない場合、もっとも損をするのが依頼主であることは、容易に想像できるでしょう。

 

中間マージンを発生させない方法

ここまで、中間マージンが発生するデメリットについてご紹介してきました。では、中間マージンを発生させない方法はあるのでしょうか。外壁塗装の場合、地元の業者に依頼をすれば、中間マージンの発生を防ぐことができます。

 

地元業者は、どちらかと言うと大手業者や工務店に下請けとして雇われる側であるため、直接依頼をすれば、そこから下請けに出される不安はほとんどありません。中間マージンが発生しなければ、適正な費用のもと、業者のほうも十分な準備ができます。そうすれば、ベストな工事が行えるようになるでしょう。

 

中間マージンが発生しない優良業者を探しているなら、塗装のミドリヤにご連絡ください

外壁塗装を依頼するときは、なるべく中間マージンが発生しないような地元業者に依頼をしたいところです。もしも業者選びに悩んでいるようなら、埼玉県川口市で30年以上の実績を積み重ねている塗装のミドリヤまでご相談ください。塗装のミドリヤでは、見積もりから施工まですべて自社で行っているため、中間マージンは発生いたしません。ご相談やお見積もりは無料で対応いたしますので、外壁や屋根の問題についてお悩みなら、お気軽にご連絡ください。

塗料選びのご相談もお気軽にどうぞ /塗装のミドリヤ フリーダイヤル:0120-979-079

お問い合わせフォーム

Pick Upコンテンツ